読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショウジンブログ

Learn as if you will live forever, Live as if you will die tomorrow.

旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三

読書 民俗学 宮本常一
Sponsored Links

旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三 (文春文庫)

旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三 (文春文庫)

宮本さんと渋沢さんの出会いもすんごい縁(縁以前の彼らの存在自体も)だし、その周囲も、個々だけじゃなくて、ひっくるめて全部超劇的。しかもそれがモノホンの日本の近代の歴史なんだから、ああいう人たちがホントにいたんだから、すごい、ホントにスゴイ。

しかも、彼らひとりひとりがってだけでなくて、やっぱり人っていう存在は昔から未来へ向かって、間違いなく「つづいていくなかで在りつづける」ってところを、この年齢になってあらためてリアルに感じさせられたというか、見せつけられたというか。(しんどいほうでこれを感じさせられるのは、たとえばマイケル・ギルモアの『心臓を貫かれて』だったりするのかも)

心臓を貫かれて

心臓を貫かれて

魂の高貴さだけでなくて、やっぱり根底にはすんごい人間くささがしっかりと感じられて、だからこそ、その高貴な振る舞い、偉業やなんかが浮いてなくて、地に足のついた強烈なリアリティを感じさせる。

渋沢家三代だけでも映画とか、スペシャルドラマ(12時間とかの)になりそう。案外なってたりして。しらんけど。

ドキュメンタリーは、ものによってはとんでもなくショッキングでうちのめされたり、こわいこと多々あるから、あんまり好んでは読まないんだけど(逃げてる)この本を書いた佐野眞一さんの他の著作も是非読んでみたいと思った。

忘れられた日本人 (ワイド版 岩波文庫)

忘れられた日本人 (ワイド版 岩波文庫)