読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショウジンブログ

Learn as if you will live forever, Live as if you will die tomorrow.

デフォルトの設定ファイルの内容@Nginx

Nginx
Sponsored Links

前回の「Nginxをインストール@Cent OS 5.8」でCent OS 5.8にNginxをインストールできたので、設定ファイルのデフォルトの内容を確認しておきます。

blog.showzine.co

/etc/nginx/nginx.conf

user  nginx;
worker_processes  1;

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;


events {
    worker_connections  1024;
}


http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;

    keepalive_timeout  65;

    #gzip  on;

    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

末尾に

/etc/nginx/conf.d/*.conf

とあり、これがincludeされていることが分かります。

/etc/nginx/conf.dの内容を確認します。

default.conf
example_ssl.conf

とあり、このうちのdefault.confを確認すると

default.conf

server {    listen       80;
    server_name  localhost;

    #charset koi8-r;
    #access_log  /var/log/nginx/log/host.access.log  main; 

    location / {
        root   /usr/share/nginx/html;
        index  index.html index.htm;
    }

    #error_page  404              /404.html;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}

    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    root           html;
    #    fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
    #    fastcgi_index  index.php;
    #    fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /scripts$fastcgi_script_name;
    #    include        fastcgi_params;
    #}

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}

locationブロックを確認すると、ドキュメントルートの設定が

root /usr/share/nginx/html

となっています。

この/usr/share/nginx/htmlディレクトリを確認すると

50x.html
index.html

この2つのファイルがありました。

index.htmlの中身を確認すると、Nginxをインストールした後、Webブラウザで該当ホストにアクセスすると表示されるデフォルトのhtmlの内容でした。

ということで、Nginxをインストールするとデフォルトではこの

/usr/share/nginx/html

というディレクトリがWebルートディレクトリになっていることが確認できました。

バーチャルホスト運用する予定なので、ホストごとにWebルートディレクトリを別にそれぞれ設定するから、この設定はあくまでも確認ということで、以上です。

エレファント デラックス版 [DVD]

エレファント デラックス版 [DVD]