読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショウジンブログ

Learn as if you will live forever, Live as if you will die tomorrow.

カスタム分類のターム名(スラッグ)で条件分岐@WordPress

WordPressのカスタム分類で割り当てられているターム名(スラッグ)を判別して出力を分ける例です。single.phpで使用します。 以下の例ではカスタム分類で「seminar-type」というものが存在し、これに「brown-pickles」というスラッグが割り当てられている場…

ループ内でカスタム投稿タイプを判別して出力を分ける@WordPress

WordPressのループ内で投稿タイプを判別して出力を出し分ける例です。 例えば、投稿タイプごとに見出しにそれとわかるアイコン画像を表示したいとか、特定の文字列を表示したいとか。 ようするに、指定した投稿タイプごとに出力を分けたい場合に使えます。 …

アイキャッチがあるかないかを判別する@WordPress

WordPressのアイキャッチ画像を使う場合、アイキャッチ画像が存在(投稿に登録されているか)するか否かを判別する条件文の例です。 the_post_thumbnail() 関数を使います。 アイキャッチ画像がない場合には代替画像を指定して出力するようになっています。 …

投稿タイプを指定して出力を分ける条件文@WordPress

WordPressの投稿タイプを指定して出力を出し分ける条件文の例です。 投稿タイプごとにsingle.phpを分けて(single-◯◯◯.php)おけば不要ですが、single.phpだけでデフォルト投稿、カスタム投稿を表示する場合にはsingleテンプレート内で以下のような条件文を…

さまざまな条件分岐@WordPress

フロントページを指定 <p class="display_current"> <small>フロントページです。</small> <small>フロントページ以外です。</small> </p> この例では is_home() を使っていますが、これはWordPressサイトの設定で「表示設定>フロントページの表示」が「最新の投稿」に設定されている場合です。 フロントページに固定ペ…

固定ページの親ページを判別して条件分岐(出力を分ける)@WordPress

WordPressの固定ページで親子関係を持っている場合、指定した固定ページを親に持つ子ページを指定する条件文の例です。 必要となるケースはいろいろあると思いますが、私が実際に必要としたのは6言語対応の場合でした。 親に「日本語科」という固定ページ(…

固定ページのスラッグで判別して出力を出し分ける@WordPress

固定ページのスラッグ(URL)を判別して条件文を書き、出力する内容を出し分ける例です。 WordPressではカテゴリや投稿、固定ページなど、様々な条件を指定して出力内容を出し分けることが出来ますが、この例は固定ページになります。 上記の設定例は、固定…

ユーザーの種類と権限によって表示を分ける@WordPress

WordPressサイトにログインしているユーザーの種類によって表示するものを分ける例です。 使いどころとしては、複数人で運用しているWordPressサイトがあって、その投稿やユーザー情報の変更へのリンクを表示(指定する対象に対してのみ)するとか、頻度は多…

ログイン状態かどうかを判別する@WordPress

WordPressサイトで登録ユーザーがログインしているか否かを判別して表示を出し分ける例です。 ちょっとした限定コンテンツ、例えば登録ユーザーだけに内容を公開したいような場合には、プラグインを使うこともなく、これでも十分に対応できます。(サイトの…

タグの有無を判別する条件文@WordPress

WordPressでは、カテゴリは何かしら必須で割り当てられますが(デフォルトだと未分類が)、タグは任意です。 投稿によってはタグがある場合、ない場合もあるかもしれません。(必ずつけるという運用ルールでカバーするのもひとつですが) 以下のコードはタグ…