ショウジンブログ

Learn as if you will live forever, Live as if you will die tomorrow.

WordPressカスタマイズ

カスタムフィールドの値を文字数制限して出力@WordPress

正規表現を使ったやり方 まず、以下の解説を参考にして確認してみました。 www.tinybeans.net カスタムフィールドの管理にプラグインToolset Typesを使っています。カスタムフィールドの指定部分は適宜書き換えます。

投稿本文にYoutube動画の共有URLを埋め込むカスタマイズ@WordPress

*写真は本文とは関係ありません(Oisixで購入した「ケール」とチーズのサラダです、美味しかったです) WordPressの投稿本文にYoutube動画の共有URLを記述すると、自動でiframe要素に変換され、フロント側(訪問者が閲覧する)に動画の再生ウィジェットが埋…

WordPressでhttpsプロトコル通信(独自SSL)を有効にする@WordPress

WordPressでコーポレートサイト等を運用している場合は独自SSLを導入したらWordPressサイト全体も暗号化通信(httpsプロトコルによる)に対応したほうがいいと思いますが、たんにブログだけで利用しているような場合には必ずしも必要ではないかもしれません…

検索機能をつける@WordPress

WordPressに検索機能をつけるのはわりと簡単です。(満たす要件によりますが) とくにデフォルトで用意されているものを使うのであれば以下のタグを検索フォームを表示したい場所(テンプレート)に記述すれば、フォームの窓と検索ボタンが出力されます。 …

ループ内でカスタム投稿タイプを判別して出力を分ける@WordPress

WordPressのループ内で投稿タイプを判別して出力を出し分ける例です。 例えば、投稿タイプごとに見出しにそれとわかるアイコン画像を表示したいとか、特定の文字列を表示したいとか。 ようするに、指定した投稿タイプごとに出力を分けたい場合に使えます。 …

さまざまな条件分岐@WordPress

フロントページを指定 <p class="display_current"> <small>フロントページです。</small> <small>フロントページ以外です。</small> </p> この例では is_home() を使っていますが、これはWordPressサイトの設定で「表示設定>フロントページの表示」が「最新の投稿」に設定されている場合です。 フロントページに固定ペ…

Toolset Typesで画像のカスタムフィールドを使う@WordPress

WordPressの「カスタム◯◯」を便利、手軽に実装できるプラグイン「Toolset Types」について、いくつか基本的なことを公開してきましたが、画像のカスタムフィールドを使う場合にはいくつか配慮する点があるので、その点(Toolset Typesで画像のカスタムフィー…

ユーザー用カスタムフィールドを作る@WordPress

WordPressでカスタムフィールド(他にタクソノミー、ポストタイプ等も)を作るのに便利なプラグイン「Toolset Types」ですが、「ユーザーフィールド」にも対応してます。 この場合の「ユーザー」はWordPressサイトのユーザーです。(管理者や編集者、投稿者…

カスタムフィールド(Toolset Types)の内容をメールフォーム(MW WP Form)に渡す@WordPress

カスタムフィールドに入力された値(内容)を申し込み等のメールフォームに引き渡したい場合があります。 例えば、前回作ったカスタムフィールド。 blog.showzine.co これはセミナー開催情報の詳細です。 そのセミナーに申し込みたいと訪問者が思った時に「…

カスタムフィールドをプラグイン「Toolset Types」で実装する@WordPress

WordPressプラグイン「Toolset Types」でカスタムフィールドを利用する例です。 同プラグインの導入についてはこちら blog.showzine.co 実装における環境 WordPress:4.5.2 Toolset Types:2.1 投稿用フィールドグループを作る Toolset Typesはここ最近けっ…

カスタムタクソノミー(カスタム分類)をプラグイン「Toolset Types」で実装する@WordPress

WordPressプラグイン「Toolset Types」を使用してカスタムタクソノミー(カスタム分類)を作る例です。 先日投稿した内容にあるセミナー開催情報を投稿するためのカスタム投稿タイプ「セミナー情報」に、この投稿タイプ専用のカテゴリをカスタム分類で作って…

カスタム投稿をプラグイン「Toolset Types」で実装する@WordPress

WordPressで カスタム投稿タイプ カスタムフィールド カスタムタクソノミー(カスタム分類) の作成、管理をするプラグイン「Toolset Types」の実装例です。(他にもユーザーフィールドも追加、カスタマイズできます) 全部をひとつの記事で紹介するのは長大…

MW WP Formで郵便番号の自動補完@WordPress

WordPressでメールフォームのプラグインMW WP Formを使い、これに郵便番号による住所の自動補完機能をつける例です。(郵便番号を入力すると、都道府県と市町村が自動で補完されます) MW WP Formの実装例はこちらを参照ください。 blog.showzine.co *日本…

指定カテゴリのみn件表示するループ(表示している記事は除く)@WordPress

指定したカテゴリへの投稿をn件表示するループです。 表示している記事は除きます。(よく見かける、投稿の最後にその投稿と同じカテゴリの他の投稿を表示する、あれです) コード内にはカスタムフィールドで登録したアイキャッチ画像を出力する記述がありま…

カスタム投稿においてデフォルトのカテゴリを設定する@WordPress

カスタム投稿におけるデフォルトのカテゴリを指定する例です。 デフォルトの「投稿」で同様のことをするのはこちらになります。 blog.showzine.co 以下、コードです。利用しているテーマのfunctions.phpに記述します。 カスタム投稿タイプが「news」 カスタ…

ページタイトルをループ外で出力する@WordPress

WordPressでページタイトルをループ外で出力するのにテンプレートの判別(テンプレートによって内容を出し分ける)も加えた例です。 ページタイトルをループ外で(例えばheader.php内で)表示する テンプレートごとに条件分岐させて出力内容を変える 上記の…

ユーザーの種類と権限によって表示を分ける@WordPress

WordPressサイトにログインしているユーザーの種類によって表示するものを分ける例です。 使いどころとしては、複数人で運用しているWordPressサイトがあって、その投稿やユーザー情報の変更へのリンクを表示(指定する対象に対してのみ)するとか、頻度は多…

ログイン状態かどうかを判別する@WordPress

WordPressサイトで登録ユーザーがログインしているか否かを判別して表示を出し分ける例です。 ちょっとした限定コンテンツ、例えば登録ユーザーだけに内容を公開したいような場合には、プラグインを使うこともなく、これでも十分に対応できます。(サイトの…

ループにget_postsを使う@WordPress

WordPressのループで表示の条件を指定する際には「query_posts()」を使うことが多いですが、これは非推奨とされていることを最近知ったので、代わりに「get_posts()」を使うようにします。 query_posts を使うことによって、ページ上のメインクエリーが置き…

Feed(RSS等)にアイキャッチ画像を含んで配信する@WordPress

最近、あまりRSSがどうのということも言われなくなり(RSS Readerのサービス、アプリも閉鎖したりで縮小傾向にあるような)、そもそもFeedを積極的に購読している利用者も少なくなってきているかもしれませんが、私はグイグイ利用しているので一応メモしてお…

WordPressで外部サイトのfeedを取得する@WordPress

最近知ったんですが、外部サイトのfeedを取得するパーサーの「MagpieRSS:RSS for PHP」って、WordPressに同梱されてるんですって!全然知りませんでした。 *なので、これまでは別途用意して組み込んでました。 ということで、WordPressにすでに組み込まれ…

メールフォームで送信内容が文字化けする場合@WordPress - WP Multibyte Patch

多言語(日本語、英語、ハングル、ベトナム語、繁体字、簡体字)対応のWordPressサイトを構築する際にあった不具合と、それを解消するTipsを残しておきます。 2バイト文字対策のプラグイン「WP Multibyte Patch」を有効化しているとハングルや中国語、ベトナ…

投稿においてデフォルトのカテゴリを指定する@WordPress

WordPressにはインストール段階で「未分類」というカテゴリがあります。 カテゴリは投稿には必ずつけられるものなので、指定していない場合にはこのデフォルトの「未分類」となります。 「未分類」でもいいんですが、うっかり適切なカテゴリを指定せずに投稿…

カテゴリの選択を1つだけに制限@WordPress

WordPressではカテゴリーは複数選択できますが、逆にそのことで不具合が起きることもあります。(とくにクライアントさん側で運用していただく場合とか) そういう場合には、以下のコードを使用しているテーマのfunctions.phpに追加することで、カテゴリ選択…

投稿数の多いカテゴリー(タグ)の一覧を件数を指定して出力

投稿数を判別して投稿数の多いものから降順にカテゴリーの一覧を表示する例です。 <ul class="dropdown"> </ul>

固定ページにおいてデフォルトの投稿エリアを削除する@WordPress

固定ページの本文を入力するテキストエリアを削除する例です。 どんなときに必要かというと、たとえば定型の情報をカスタムフィールドなんかで用意していて、そこだけを使う場合はフリーテキスト用の本文入力エリアが不要だったりします。 納品後、クライア…

複数のカスタム投稿及びカスタム分類を指定してひとつのループで出力@WordPress

異なるカスタム投稿、カスタム分類を複数指定して同じループにまとめて出力する例です。 配列のpost_typeで投稿タイプを指定。(複数の場合にはカンマ区切りで) tax_queryでrelationはORを指定し、taxonomy、field、termsでカスタム分類を指定しています。 …

投稿数の多いカテゴリを件数を指定して出力@WordPress

WordPressのカテゴリで、投稿数の多い順にソートしてリスト表示する例です。 親カテゴリ、小カテゴリ、どちらも出力しています。HTMLの階層構造もそれに合わせて。 出力しているHTMLはこのように <h2>投稿数の多いカテゴリ上位5件</h2> <ul class="list_categories"> <li><a href="http://wp.showzine.co/category/news/">お知らせ</a> (3) <ul class='children'> <li></li></ul></li></ul>

タグの有無を判別する条件文@WordPress

WordPressでは、カテゴリは何かしら必須で割り当てられますが(デフォルトだと未分類が)、タグは任意です。 投稿によってはタグがある場合、ない場合もあるかもしれません。(必ずつけるという運用ルールでカバーするのもひとつですが) 以下のコードはタグ…

カテゴリの説明文を出力@WordPress

WordPressのカテゴリには説明文をつけることが出来ます。 テンプレートが「category.php」の場合に使えるコードは以前にこちらに投稿しています。 blog.showzine.co category.php以外のテンプレート以外でこれを実現したい場合には以下のコードを使います。 …